スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クロード・デュガ

さっきブルゴーニュワインの説明を書いていた。
ロマネコンティの存在さえ脅かす造り手、

《クロード・デュガ》

彼についてのロバート・パーカー氏のコメントを読んでいたら、
私までどうしても飲んでみたくなってしまった。

このコメント。


「 体が宙に浮遊するような経験を与えられ、
しばらくの間、周りのものを見たり、感じたりすることができなくなるほど五感を奪い去られ、
催眠術をかけられるほどの感動を与えるワイン。

控えめで慎み深いデュガ氏のワインを経験することができるのは
ブルゴーニュ・ワインの愛好家で、最も幸運な人だけである。」と絶賛。




しかし、価格が高い。

売っててこう言っちゃ何だけど、

6450円。

考えてしまう。これは、2005年ブルゴーニュ・ルージュ。

2002年は、5000円台。

ジュヴレ・シャンベルタン だと1万円以上だ。

飲めないよな。

売るだけにしよう。

でも輸入者さんは、「超お買い得ですよ。」

と言っていた。

だったら、ご馳走してくれないかな。







スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

わははy(^^)y

Author:わははy(^^)y
いらっしゃいませ。
どうぞごゆっくりなさって。(⌒∇⌒)

またのご来店をお待ちしています。(・_・)ノ~

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。