スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本格焼酎について

昨日は焼酎の麹菌について書いた。

そこでちょっと思い出した。

先日、ネットで焼酎のページを見ていたら、
赤霧島 900mlを 桐箱入りで 2950円 で販売していた。

しかも、「Yahoo一安い店!」と名うっていた。
驚いた。

そして、他の人気商品も売り切れが多数出ていた。
(本当なのかどうかは分からないが)

この商品は桐の箱などに入って納品されてくるものではないし、メーカーの希望小売価格は、
1200円 もしないものだ。

「桐の箱」が高いのだろうか(爆)

不思議だ 




                           



◆本格麦焼酎◆  中国から朝鮮半島経由で福岡県、大分県に普及した

     【米&麦製 】 と、 【純麦製】がある。


◆本格米焼酎◆  熊本県人吉盆地・球磨地方でつくられ、北九州の清酒造りの影響で、米麹と米でつくられている。

     【球磨焼酎】


◆本格芋焼酎◆  九州南部、鹿児島、宮崎で生産。
焼酎王国鹿児島は生産、消費もトップ

◆本格黒糖焼酎◆  サトウキビが原料の和製ラム

◆本格そば焼酎◆  宮崎の高千穂でが最初で今は長野でもつくられている。

◆清酒粕 粕もろみ取焼酎◆  清酒の蔵でしか造られない。なので本土のみ。

「越乃寒梅」の焼酎なんてバカ高い!

◆泡盛 本場泡盛◆  沖縄県だけに製造が許されている。

タイ米と黒麹をつかった米麹で仕込む。

(BUT 与那国島で最近、与那国米をつかった泡盛ができましたよ~~)





まじめに書いていたら、疲れました。


やめた。


実家の近所には◆人参焼酎(菜酎)◆を造っているところもある。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

「やめた」

に笑い、思わず拍手ボタンを押してしまいました。爆

泡盛はタイ米が原料だなんて知りませんでした。
それに霧の箱に入った赤霧島も見たことありません。
献上でもするのでしょうか?v-16

こうして教えていただくと飲みかたも変わってきそうです。
量は変わりないでしょうが・・・(* ̄m ̄)プッ

ガハハ~

私もワインについて書いているとワインが飲みたくなってきて、
焼酎のことを書いていると焼酎を飲みたくなってきます(笑)
今日はクースー(古酒)、それも10年物の注文を出してしまいましたよ。
(17年物は1万円以上だから止めておいた)
こりゃしっかり売らねば(爆)

そうそう、ベトナムのおなじ材料のお酒は「ルアモイ」だから、語源がそこからかな、と思っています。


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

わははy(^^)y

Author:わははy(^^)y
いらっしゃいませ。
どうぞごゆっくりなさって。(⌒∇⌒)

またのご来店をお待ちしています。(・_・)ノ~

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。