スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

のんべのお客と笑った女将

このとこ、事故米使用の米麹を使った焼酎をメーカーが自主回収している。

連絡が入るとこちらも店舗から下げる。

問題のない商品はそのまま販売している。

今日みえたお客様。

「これは大丈夫?」

女将ちゃん、「はい。これは麦焼酎ですから。このメーカーの芋のほうは、大丈夫ですが、万全を期して回収になりました。」

お客様、「いちいち、心配してもしょうがないね。発酵させるときの材料くらいで。」

女将ちゃん、「ええ、そうですね。身体に害が出るほど飲むとなると、事故米摂取よりもアルコールの摂り過ぎで、別の病気になりますよね。飲みすぎないでください。」

お客様、笑い出してしまった。



事故米は問題だ。

しかし、酒類に限っていえば、
その害よりも、アルコールの摂り過ぎに注意をはっらったほうがよい。

        by 酒屋の女将


スポンサーサイト

検索キーくらいでは

ネット販売の仕事をしているといろんな勧誘もあるわけで。
たとえば、JWordからだったりとか。
これは、酒屋の場合だと

・フランスワイン だとか、 ・ワイン だとか
・ウィスキー ・清酒 ・焼酎

なんでも検索にひっかりそうな、単語一個につき一ヶ月3万円で登録すると、
第一画面に当店が出てくるというもの。

以前、”赤ワイン”というので、年間50万円払ってやったことがあったけれど、
売り上げに効果はほとんどなかった(爆)

店はみてもらわないとまず、最初のハードルは越えられないけれど、
今は見てもらうだけではだめだ。

なぜなら、ショッピングモールはたくさんあるのだから。

価格で選ぶ方法もあれば、
消費者にとっていろんな検索方法があるのだから、
一単語だけで店がひっかかっても、それだけではあまり意味ない。

それよりも、商品一つ一つにたくさんの情報キーをつけていった方が効果的だ。
そのたった一つの商品から、お客様を呼んだほうが効果的だとということだ。

つまり、店名よりもまず商品で客寄せすることだ。

その情報キーをつけるところが管理画面にはたくさんある。

レンガを一個一個積み上げるように、努力することだ。

頑張ろう。

三笠フーズ

三笠フーズの一件でこのとこ焼酎メーカーや、問屋さんから、連絡が多い。

うちで造ってる焼酎には、三笠フーズさん輸入のコメ麹は使用してません。

(by 製造元)

とか、

うちで取り扱っているこの商品には、三笠フーズさんの輸入米は使用してないということが判明しました。

(by 問屋)

などなど。

連絡があるたびに、その該当商品のところへ、
検査結果が送られてきたFAXを貼る。



でもね~~~


末端消費者は、意外に気にしてる人が少なかったりして。

なぜなら、そんなに身体のことを気にする人は、

酒そのものを飲まないからだ。



当店に買い物にみえたお客様は、こう言われる方が多い。

「世間で騒いでること気にしてたら、何も飲めないし、何も食えないよ。」



女将ちゃん、笑ってしまう。




最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
プロフィール

わははy(^^)y

Author:わははy(^^)y
いらっしゃいませ。
どうぞごゆっくりなさって。(⌒∇⌒)

またのご来店をお待ちしています。(・_・)ノ~

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。